• 改造車を売るコツ

  • 車と言うのは、新車を購入した時のノーマルな状態で乗るだけでなく、自分の好みにカスタマイズする、いわゆる改造車を乗るのも楽しみの一つだと思います。では、改造車を売る場合の中古車査定はどうなっているのか調べたら、改造車の中古車査定では純正パーツがあるのと無いのとでは、車買取の際の査定価格が違ってくるみたいです。純正パーツがあれば中古車査定の価格は上がり、無ければ価格が下がります。

    ですから、車を改造した場合は、取り外した純正パーツは必ず持っていて大切に保管しておく必要があります。一般的に新車ディーラーでの下取り査定では改造車は評価が下がります。どんなに高価なカスタムパーツを取り付けた改造車でも、カスタムパーツはほとんど評価されないと言われます。評価されるとすれば、アルミホイールくらいではないだと思います。その点、中古車買取専門店はそれぞれのお店によって営業方針が違うので、新車ディーラーの下取りよりも高く査定してくれます。中には、カスタムパーツの分だけ高く評価してくれるお店もあります。

    ですから、改造車を査定してもらうなら、仮に新車に買い換える場合でも、新車ディーラーの下取見積もりだけでなく、中古車買取専門店でも並行して、買い取り価格の中古車査定を、してもらうのが良いと思います。私の友人は最初に車を売却した時、この事を知らなかったので、かなり安い値段で買い取られました。しかし、次に売却した時は、純正パーツを持って行ったので、良い値段で買ってもらえたそうです。